神無月の秘密

10月は旧暦の和名では神無月(かんなづき)といいます!この神無月という名前は10月に全国の神様が出雲へ出かけてしまうから、という言い伝えがあるためです。そのため昔から10月は神無月、神去月(かみさりづき)と呼ばれてきましたが、神様の集まる出雲では反対に神在月(かみありづき)と呼んでいます!ところで、神様たちが出雲で何をしているかは、実はあまりよく分かっていません!説の中には「縁結びをしている」というのもあるようです!