桜の伝説

桜は日本を代表する花ですが、その語源ははっきりしていません。

ある説では、桜は稲の霊魂を表す言葉だとしています。サクラの“サ”は「早苗」や「早乙女」の“サ”で、稲の霊を表します。“クラ”は「神座(かみくら)」「岩座(いわくら)」の“クラ”で、“寄り集まったもの”を意味します。そこで、桜は「稲の霊魂が集まり、こもっている花」だということです。

また、もう一つの説では、伝説の木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が桜の種を撒いたとしており、姫の名前の「さくや姫」からサクラになったとも言われています。