爪にまつわる言い伝え

爪に関する言い伝えは、「爪・髪を燃やすと良くないことが起こる」「夜爪を切ると親の死に目に会えない」など昔から沢山あります!「親の死に目・・・」は、江戸時代に儒教の教えで「親からもらった体の一部を夜切るのは親不孝の始まり」とされ、そこから「親の死に目に会えない」に発展したようです。現在では「夜爪を切ってはいけない」言い伝えは明かりがない時代、危ないので切らぬよう作られたとされています!爪の言い伝えは古くは日本書紀の中に「謹んでおのれの爪を収めよ」とあり、人体の一部である爪には霊魂が宿っていると考えられていました。夜切るのは明かりの面では問題なしです。せめて燃やさないようにしましょう!